バラエティ

金曜ロンドンハーツ/3月15日/動画/霜降り明星/2019年無料バックナンバ-も

金曜ロンドンハーツ/動画3月15日//霜降り明星/2019年無料バックナンバ-も

 

2019年3月15日20時からテレビ朝日系列で『金曜★ロンドンハーツ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

金曜ロンドンハーツ/動画/3月15日が無料
 

 

金曜★ロンドンハーツ/番組内容

 

匿名アンケート”で芸人同士の好感度を調査する企画と言われ、事前にアンケートをしっかり書いてスタジオに集まった芸人たち。

しかし、実際はアンケートに細工があり、誰が書いたかしっかりわかるアンケートだった!! 匿名だと思って書いたリアルな本音がダダ漏れで、芸人同士に亀裂が走る!!

「共演して絡みづらい芸人は?」 「生まれ変わってもなりたくない芸人は?」

四千頭身・後藤や、宮下草薙・草薙など20代の若手芸人からの辛辣な意見あり!!

長年一緒に舞台に立ってきた芸人から直接は絶対言えない突き刺さるコメントあり!!

意見を発表される側もヒリヒリするが、コメントされる側のメンタルも崩壊寸前!!

さらに、芸人の奥様方にご協力を頂き、家庭内のリアルな部分も検証!! 金曜最後の放送はロンハーらしく最高にヒリヒリする!! これからもロンドンハーツは攻め続けます!!

 

金曜★ロンドンハーツ キャスト

 

ロンドンブーツ1号2号/指原莉乃(HKT48)、藤本敏史(FUJIWARA)、矢作兼(おぎやはぎ)/井上裕介(NON STYLE)、尾形貴弘(パンサー)、カズレーザー(メイプル超合金)、狩野英孝、かまいたち、草薙航基(宮下草薙)、後藤拓実(四千頭身)、小宮浩信(三四郎)、コロコロチキチキペッパーズ、霜降り明星、ダイアン、千鳥、トム・ブラウン、バイきんぐ、吉村崇(平成ノブシコブシ) [50音順]

 

金曜ロンドンハーツ霜降り明星/動画/ 3月15日の注目点

フレッシュなところです!勢いがあり、とても謙虚なところが好きです。

M-1優勝したにも関わらず、大きな顔をせずに番組でドッキリにひっかけられても有名番組に出られたと知るとやったー!と喜ぶ2人がとてもかわいいです。

ドッキリの仕掛け人と聞かされた粗品がせいやをひっかけるのに、ドッキリに出れた嬉しさで既にニヤニヤしていたのがかわいすぎて!霜降り明星の2人はとても応援したくなります。

せいやはスベリ芸が多いけど、頑張れ!と思ってしまいます。

粗品は漫才中の独特のツッコミを確立して、素晴らしい漫才ができM-1での優勝は2人の才能と実力だと思います。

これから経験を積みさらにどう成長するか期待できます。ロケなども見てみたいしいろんな事にチャレンジして欲しいです。

大きな番組に出ても2人の緊張するのが伝わってきて、いつも2人スーツで好印象で頑張っている姿がとても素敵です。

深夜番組でも粗品はモノボケなどもでき面白くて賢いと思います。せいやはとにかく頑張っています。

その2人のバランスがちょうど良く仲良しそうな2人の雰囲気が人気なんだと思います。粗品はかっこ良くて背も高くてスーツが似合い、せいやは背が低くてちょっと丸いそんな2人の見た目のバランスもちょうど良いです!

 

ロンブーも注目

ロンドンブーツ1号2号は、まだデビューしたての頃から好きですね。デビューしてまだそんなにたっていない時から関西で人気でした。

夜中にやっていた番組が若者から人気で、よく話題になっていました。昔から淳の方は企画に対しても攻めてる感じで、おもしろかったです。

一方りょうくんの方も昔はいまほどポンコツキャラではなく、とてもかっこいーと人気でした。確かに今でもイケメンです。

そして、淳は髪の色が赤くて、りょうは金髪というのが二人のトレードマークでした。そして、芸人の中でもおしゃれな感じがして、また他の芸人と違って若手の時から堂々としていて、媚び受るような感じがなかったのが、大人気芸人になったのかなと思います。

もう大分前になりますが、ダウンタウンを筆頭に吉本の選ばれたメンバーで、明日があるさのカバーをしたのですが、これが大ヒットでした。そして、ロンドンブーツ1号2号も入っていて、ダウンタウンと同じくらいオーラーがすごかったです。

二人がいることでさらに価値も上がっていたと思います。二人が歌うシーンでは、キャーキャー騒がれていました。そして長寿番組になったロンドンハーツは、今なお時々みてもおもしろいです。
 

まとめ;2冠(M1+R1)霜降り明星さん

M-1はもともと結成10年以内という縛りがあったが、復活後は15年と緩めの縛りがあり、芸歴を重ねた芸人ばかりが結果を出す場面が近年続いていました。2018年も和牛やジャルジャル、スーパーマラドーナといった決勝常連の中堅どころが名を連ねて、優勝の本命と言われていました。しかし、そんな中すい星のごとく現れたのが霜降り明星。関西などでは着実に頭角を現していた二人ですが、全国区とはまだ言えない状況の中、見せたネタはまさに圧巻の一言。ボケのせいやのコミカルな動きに、ツッコミの粗品は想像の1つも2つも上を行く返しをし続けていきます。部隊を縦横無尽に動き回り、不思議な動きを見せるせいやにお客さんは?顔を浮かべることもありますが、そのあとにキレの良い粗品のツッコミが入ることでその動きの意味を回収し、大きな笑いを生む新感覚の漫才は、まさに革命といえます。そして、彼らがすごいのは漫才だけではありません。二人ともがピンとしてR-1の決勝に同じ年に進出するなど、個々のお笑いスキルが非常に高いです。加えて、人志松本のすべらない話でMVS(Mostofすべらない)をせいやが獲得するなど、若くしてしゃべりも板についています。2019年、テレビの向こう側で最も輝くのは霜降り明星であることは間違いないです。