ジオウ

仮面ライダージオウ43話(動画)無料フル視聴7月14日見逃し配信

仮面ライダージオウ43話(動画)無料フル視聴7月14日見逃し配信

 

2019年7月14日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ』が放送されます

いつでもどこでも、暇な時に見れる無料動画視聴サイトのURL紹介

とあらすじやキャスト出演者の紹介をした記事です。

ちなみにれいわ初仮面ライダーゼロワンも話題ですが下記で見れます
 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 動画 43話
 

仮面ライダージオウ第43話動画無料/番組内容

 
 

仮面ライダージオウ 43話予告動画

EP43『2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル』…スウォルツの真の目的は、新たな王の擁立ではなく、自らが王として君臨することだった。オーラは時間を止める力をスウォルツに奪われ、ウールとともに逃走する。一方、スウォルツから「妹」であることを告げられたツクヨミは、自分たち王家の真実を聞くことになる。スウォルツとツクヨミの兄妹の運命とはー!?

 

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
仮面ライダーディケイド/門矢士(かどや・つかさ):井上正大 仮面ライダーディエンド/海東大樹(かいとう・だいき):戸谷公人

タイムジャッカー解散の時

仮面ライダージオウ動画43話視聴者の感想期待

特に好きだったのは響鬼編かも。ウォズが面白すぎて。祝福の鬼、ですからね。しかもゲイツがそれを聞いて笑っちゃってるのとかも面白かったんですよね。ツクヨミだけは一人あきれ~。付き合ってられんって感じはむしろゲイツがしそうなのに。こらえるゲイツと笑ってるソウゴの様子も可愛いとおもってしまったんですよ。

ウォズがソウゴの誕生日を前にソワソワしたり悩んでるのも可愛い。おじさんとウォズがなんか仲良しっぽい雰囲気なのも和みます。

ウォズの暴走、ツクヨミの言葉に落ち込む姿、弟子入りしてふんどしにびっくりしたり、最後には納得して祝えたり、色んなウォズが観られた響鬼編。祝うのがどういう事なのか、ウォズも考えを改めた回。

仮面ライダージオウにはウォズの祝福はかかせないですよね。何か変化があったら、祝え!と出てきてくれるかなと期待するようになってる自分が割りと早い段階からいました。

一度は落ちてしまった京介が、響鬼を襲名できるという熱い展開も響鬼編の重要なポイントでしたね。なにかと面倒くさい奴なんだけど、仮面ライダー響鬼でもイラッとさせられる事もあったけど。良かったね、京介!心から祝いたくなりました。

ソウゴの数少ない子供時代の友達も出てきたりしたのも響鬼編。鬼になりたい夢を持つ子と王さまになりたいのが夢の少年。自由な発想があって良いかもしれません

タイムジャッカーの力を使えるようになった海東はさっそくソウゴからグランドジオウDXウォッチを奪ってしまいました。時を止めていとも簡単に。

だってそこにあるものをスッととるだけですからね。ほら、本人もこんなに楽にお宝が手にはいるのは初めてって言っちゃってる。

ディエンドにはこの時を止められる力は与えてはいけませんよね。止まって動けなくなってて目の前で大事なものを奪われてくのをただみてるだけってもどかしいぃ!

アナザージオウ2ならグランドジオウで戦わなきゃ分が悪いだろうに。アナザージオウ2なだけではなくて、過去を書き換えられるってゆう最低最悪に厄介な力まで手にいれてるわけだし。

ジオウがアナザージオウと戦った時は大変だったんですよね。ゲイツがジオウを倒すことについても悩んでるとこもあって。あのときはゲイツがいたからアナザージオウに勝てたってのも大きい。でもあそこでゲイツがソウゴの事を完全に振り切って認める感じのセリフがあって、グッときたどこらかもうグググ~っ!ときたんですよ。今回もゲイツの協力は必須のはず。

飛流はソウゴに変わって自分が最低最悪の魔王になろうとしていて、でもソウゴはそうなるつもりはないと飛流にキッパリ言うんですよね。

でも飛流はそこには特にこれという反応はない様子。ソウゴがなろうとしてる物に興味を示さない…。

ソウゴがなんと言おうと未来ですでにソウゴが魔王になる事を知ってるから、ソウゴがやることなら自分が邪魔してやるくらいの気持ちなのかも。

ヒロインのツクヨミ、ソウゴにとってなんだか見守り励ましてくれるお母さん的な感じにも見えてくることがあります。ヒロインではないけど、ソウゴの恋愛面が観られたのが仮面ライダーキバ編でした。ソウゴの初恋の相手はなかなかの人でしたね。アナザーライダーにはなってしまうし、タイムジャッカーも予想しない彼女の行動、ウールとの女の戦いがすごかったんですよね。もはやカオスでした!とにかくマンホールが有能過ぎて、忘れられない話になりました。

ネコだった頃とかゲイツが言ってて、なんか皆がキャラ崩壊気味だったのも笑えましたよ。怒りまくりのオーラをスウォルツとウールが傍観してたり、並んでアイス食べてたりしたのも可愛かった。
女王になると言ってやりたい放題だったのをみて、スウォルツが気に入ってる風だったのも面白かったし、あれもこれもがハチャメチャで予想の斜め上を行く感じだったキバ編。

仮面ライダーキバをたっぷり期待してた人もビビったでしょうけど。

でも何より怖かったのは、自分が犯人なのに冤罪と思い込んでしまう女。

ソウゴは彼女がどんな人なのかって事を知っていっても引いたりせずに、ただ救おうと必死になっていましたっけね。
ソウゴが涙を流す切ないラストもなんだか心に残りました。

まとめ

この放送で楽しみなのは、やはり門矢士がチームジオウと一緒に変身して戦うところだなと感じています。ここまで何度かジオウで士は出演していましたが、42話を除いてどの回でもディケイドには変身しませんでした。

しかし、42話43話で変身して戦うところに、士の何かしらの企みと、ディケイド本編で士は色々な仮面ライダーに世界の破壊者と言われていたのにも関わらず、結局各ライダーの世界を守って旅をしてきたと言う観点から、今回のこのジオウでもディケイドの世界線があり、士がジオウの世界でタイムジャッカーのスウォルツが成し遂げようとしている陰謀を阻止するために、前回そして次回の放送で変身をしたのではないかと考えました。ネット上の一部でスウォルツにディケイドの力を奪われる的なことが上がっていますが、そこには今回は触れずにおこうと思います。

ほかにも、テレビ版では久しぶりとなる士と海東大樹の戦闘シーンも当時の初期のライバル関係を彷彿とさせるかのような描写でとても楽しみです。

あとは、個人的に加古川飛流があまり好きではないので、スウォルツ利用されるだけ利用されて退場して欲しいなと願っています。スウォルツ以外のタイムジャッカーの2人は急にスウォルツに裏切られ、逆にツクヨミはスウォルツから真実を聞くと書いてあったので、この2組の立ち位置が逆転したら面白いなとも考えています。
e、パンドラtv、ユーチューブ、kissasian、tver(ティーバー・ディーバー)ないときは

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 動画 43話