ドラマ

スカーレット 動画/23話~1話/朝ドラ/pandora/10月25日全話無料視聴Youtube /金曜日/見逃し配信/再放送

スカーレット 動画23話~1話/朝ドラ/pandora/10月25日全話無料視聴Youtube /金曜日/見逃し配信/再放送
に 

スカーレット 動画 23話10月25日無料視聴まとめについては、下記記事になります

(全話無料視聴できます)

 
 

↓ ↓

 

スカーレット動画 23話
 

スカーレット/23話/動画/あらすじ

昭和30年、喜美子(戸田恵梨香)は18歳に。一人前の女中になった喜美子の悩みは毎朝目の前の道を通るコワモテ男だ。圭介(溝端淳平)に相談して見張ると予想外の女性….

番組内容

昭和30年、荒木荘で働き始めて2年半、喜美子(戸田恵梨香)は18歳に。女中の仕事を一人で切り盛りする喜美子の悩みは住人の雄太郎(木本武宏)。すでに半年近くの家賃を滞納して下宿屋の運営に支障をきたし始めている。喜美子はしばらく姿を見せない雄太郎を捕まえようと待ち構える。さらに喜美子にはもう一つの悩みが。毎朝、目の前の道を通るコワモテ男だ。医学生の圭介(溝端淳平)に相談して見張っていると予想外の女性…

 


 

スカーレット 第23話話キャスト

 

戸田恵梨香,水野美紀,溝端淳平,木本武宏,羽野晶紀,佐津川愛美,語り
中條誠子

スカーレット/23話動画までのネタバレ/感想について

喜美子がお父さんが大阪にやって来るので、お金をどうしようか悩んでいて仕事に手に付かなくて、大久保さんも何かあったのかなと思ったけれど喜美子に何も聞かないところが大久保さんの優しさなのかなと思いました。

大久保さんはこれまで喜美子に厳しく仕事を教えてきたけれど、本当はすごく優しい人で、喜美子に一人前になってもらうために仕事を厳しく教えていたのかと思うと素敵な人だなと思いました。

内職のストッキングのほつれを直すお仕事も喜美子のお給料が少しでも多く入るようにやるようにしていたのも大久保さんなりの気遣いだと思うので素晴らしい人だなと思いました。

喜美子もお父さんも喜美子が内職で働いたお金を大久保さんから貰うことが出来て、お金の目処がたって二人で安心出来たのも大久保さんがお金をくれたお陰だし、回りの人の助けを得ながら喜美子がこうやって成長をして行くのかなと思いました。

喜美子の回りには素敵な人が沢山いて、喜美子が荒木荘のお仕事を頑張るとお父さんに言うところもお父さんも喜美子が頑張る姿を見て仕事を頑張れると思うので、喜美子の姿を見て自分も喜美子みたいに前向きに頑張っていきたいなと思いました。

大久保さんかは喜美子に自分がこれまで荒木荘でやって来たお仕事を丁寧に教えてくれるし、喜美子が一人になった時に困らないように一つ一つ確認しながら教えているのかと思うと大久保さんの人柄や性格も少しずつ分かってきて、大久保さんの事を好きになりました。

大久保さんは大久保さんなりに喜美子の事をちゃんと考えてくれ、困ったときは助けてくれると思いました。

この仕事をずっとやって来た人にしか分からない苦労もあると思うし、大久保さんは荒木荘のお仕事に誇りを持ってやって来たと思うので、この誇りを今度は喜美子が受け継いでいくのかと思うと楽しみです。

お父さんが育てたかぶを切りながら、喜美子の話に耳を傾けながら、かぶの切り方を教える姿を見て、大久保さんがこれまでずっと厳しい顔をしていたのが少しだけ柔らかくなったんじゃないのかなと思いました。

お父さんが大阪から来たことで、喜美子の事を認めてくれていることが分かったし、大久保さんなりに喜美子の事を可愛がっているんだなと思うと、言葉は少ないかもしれないけれど、喜美子の事を一番に考えてくれているのも大久保さんなのかなと思うと、二人の関係がこれからどのように変化していくのか楽しみです。

スカーレット/23話動画視聴者の評価

喜美子は新聞社で働いてみて、自分が何をやるべきなのか、どうしたいのか、自分の気持ちを大切にすることにして、荒木荘を途中で投げ出して逃げることは自分の嫌なことだと思って、荒木荘で一人前になってから新しいことを見つけることにすると決めた所が偉いなと思いました。

喜美子だからそういう考えに至ったと思うし、15歳の女の子ならいろんな事に興味を持っていく年頃だと思うし、今よりお給料が高いところは惹かれると思うけれどそれでも自分の道をきちんと選んで前進するところはしっかりしていて見習いたいなと思いました。

お父さんの下で働いていた若い男性二人が家のお金を全部持ち去って連絡が取れなくなってしまい、家族皆が困り果ててしまい、喜美子のところに朝から信作が電話をして妹の代わりに代弁して話、話を聞いた喜美子はビックリしていて、いきなりお金を用意しとけって言われてもそれは難しいお話だと思うし、喜美子一人ではどうにもならないと思うし、お父さんも頼るところが喜美子なんだと思うと喜美子の人生は波瀾万丈だなと思いました。

家族のために頑張っても頑張っても次から次へとお金が流れてしまって、これから喜美子の人生はどうなっていくのか心配になりました。

若者二人も家族を養うために働いていてお金が必要なのも分かるし、お金を盗まなくたって、相談してくれればいくらだって喜美子の父は話を聞いてくれるし、お金を用意することだって考えてくれたと思うのに、そうしなかったのには理由があるのかもしれない。

けれど、こんな風に恩を仇で返すようなことをして、酷いなと思いました。妹も喜美子と違って気性が荒いし、その強気な性格が生かされていないなと思うところが一杯あるし、お母さんが大変なのは分かっているのだからもう少し喜美子みたいに家族に寄り添うことは出来ないのかなと思いました。

喜美子のところに父親が行くって言う話も自分で話をすればいいのに、信作に話をさせて、信作も断れず喜美子の家族を助けてくれるところが優しいなと思いました。喜美子たちの家族は、信作の家族がこうやって支えてくれるからこの信楽でやっていけると思いました。

こういう人がいなかったら、喜美子達は、ここで暮らしていけなかったと思うし、こうやって皆が支えてくれるから辛いときも乗り越えていけるし、信楽に来て良かったなと思いました。

喜美子達がこの窮地をこれからどのように乗り越えていくのか楽しみです。

総括

喜美子はちや子の事務所で働くかどうするかに悩み、雄太郎の提案で一日お仕事体験をしていました。

雄太郎はこれまでまったく食堂に現れなかったり、引きこもっていましたが、喜美子が荒木荘にきてからすっかり変わったようです。

しかも、雄太郎が腹痛のふりをして、のぶ子をだまし、喜美子はそのことが少し気になっているようでしたが、ちや子の事務所で働いてどうするかを決めることができたようです。

雄太郎は夢があり、俳優として成功することです。圭介は将来医者になるために今勉強していて、ちや子は男性に交じって毎日事件があると聞くと、駆け回っています。

それぞれに夢があり、喜美子は刺激を受けたようです。

ちや子たちみんなが、柔道着を着て草間流柔道をしている変な夢を見た喜美子。

これまで喜美子は将来のことを考えたことがなく、信楽にいた時も照子が婦人警官になるという夢を持っていましたが、喜美子はそんなことを考える暇もありませんでした。

ちや子たちの夢の中で、みんなが夢に向かって必死に格闘している夢を見て、飛び起きた喜美子。
その後喜美子は絵を描き始めました。

喜美子の夢とは、絵を描くことなのでしょうか。

これまでも学校で賞を多数とっていた喜美子。

幼少期には草間に褒めてもらえ、常治にはけなされましたが、喜美子は絵を描くことが本当に好きです。

女中として今は頑張っていますが、これからは絵を描くことを夢見て、女中を続けるのか、それともちや子の事務所で働くのか気になります。

しかし、このドラマは絵描きの女性の人生を描いたのものではなく、日本で初めて女性の陶芸家の話です。

そうなると、絵は関係ないのかもしれません。

絵を学び始めて、そこから陶芸の世界に飛び込むのかもしれず、想像が膨らみます。

喜美子はのぶ子のやさしさにふれ、もちろん荒木荘のちや子や雄太郎、圭介の力も借りて、1か月荒木荘で頑張ってきました。

これから喜美子はちや子にどんな決断を伝えるのか気になります。

信楽にいる常治に、もしちや子の事務所で働くことになったときに、どう伝えるのかも気になります。

今よりも給料が良いとなると、すんなり許してくれそうな気もしますが、一度始めたことを途中で投げ出すことに常治が怒り出す可能性もあります。

ちや子から自分が決めた道を突き進めばいいと言われましたが、喜美子にそれができるのかも心配です。

これまで常治の言うことを聞いてきた喜美子は、自分で将来を決める大きな岐路に立たされています。

喜美子が少し成長した気もして、大阪の地でこれからも頑張ってほしいです。

荒木荘の電話に、はじめて喜美子(戸田恵梨香)あてに届いたのは、信作(林遣都)と妹直子(安原琉那)から、信楽の実家に泥棒が入ったという連絡で、ショックを受けるのでした。

父 常治(北村一輝)が、給料を前借りに来ると聞き、
仕事も上の空になってしまいます。

床にシミがあることにも気づかず、大久保さん(三林京子)に注意されるのでした。

シミを重曹で、落とすと教えてもらっていました。なるほどと、勉強になります。

荒木荘にやってきた、父常治。
大久保さんに、仕事で大阪に来たと伝えたようです。

喜美子が、シミをおとしているところをみた、
常治の少しうれしそうな顔。
久しぶりに会えて、うれしいのでしょう。

喜美子は、常治が、お給料をもらいに来たと、わかっているので、大久保さんから、お金をもらわないといけないことを
必死で、父に伝えようとしているのが、おもしろかったです。

荒木社長(羽野晶紀)は、東京に出張中で、ここでは、すべて、大久保さんにお世話になっている
と説明する喜美子でした。

「まだまだ半人前だが、ええお譲ちゃんでんなお給金は少ないのに、文句も言わへん。」
という、大久保さんの言葉、温かいなと思いました。

大久保さんは、夏には、奈良にいる娘さんのところに、引っ越してしまうのだそうです。

それまでに、喜美子にすべて、教えるということでした。

そして、今まで、ストキングをつくろっていたのは、内職であったと教えられるのでした。

大久保さんも、内職で、弟さんの学費の半分稼いだそうです。

喜美子は、手先が器用だから、
やらせてみたのだそうです。

実は、喜美子のことを、ほんとうに、考えてくれていたのだと、
大久保さんは、いい人だなと思いました。

ストッキングは、1足12円になるんだそうです。
大久保さんの数えるお金を、見つめる喜美子の顔は、真剣でした。

お父さんを送っていくために、
並んで歩く二人。
荒木荘から離れるまでは、
無言の表情が、笑えました。

しばらくして、笑いがおこり、
もらったお金を、常治に全部渡そうとする喜美子。
なんて、いい娘なんだろうと思います。

「お父ちゃん、うち荒木荘で、がんばることにした。
荒木荘のこと、大久保さんの後を引き継いで、
しっかりできるようになるまで、
信楽には、帰らへん」
と、3年は、帰らないと宣言する喜美子でした。

「帰ってくんな」
という常治ですが、
表情では、(え、3年も!?)というのが、伝わってきました。
口では、うまく言えないけれど、娘を思う父親だなとわかりました。

喜美子の後ろ姿を見送る常治の顔は、さみしそうだったからです。

荒木荘に帰った喜美子は、父の土産の、かぶらを、
洗って仕込みを始めながら、3年、帰らないと大久保につたえるのでした。

「かえさへんで、ぎゃあ」
という大久保が、かわいすぎました。
「おりゃあです」
とかえす喜美子も、打ち解けたなあと伝わってきました。

喜美子は、いい人達に、囲まれて幸せそうだなと思わせてもらいました。
スカーレット 23話 動画pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、でみれないときは

下記に

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット23話動画 23話