ドラマ

スカーレット 24話 動画/24話/10月26日無料視聴/朝ドラ/土曜日日/pandora/Youtube/Dailymotion/再放送/見逃し配信

スカーレット 24話 動画 24話/10月26日無料視聴/朝ドラ/土曜日日/pandora/Youtube/Dailymotion/再放送/見逃し配信

 

スカーレット 動画 10月26日無料視聴まとめについては、下記記事になります

(全話無料視聴できます)

 
 

↓ ↓

 

スカーレット動画 10月26日
 

スカーレット/10月26日/動画/24話/あらすじ

荒木荘では医学生の圭介(溝端淳平)に恋の予感。喜美子(戸田恵梨香)は食欲のない圭介を心配する。意中の相手を明かされ、喜美子は圭介の恋に協力しようとするが、実は….

番組内容

18歳になった喜美子(戸田恵梨香)の元に、信楽の友人・照子(大島優子)から度々手紙が届く。内容は恋愛にまつわるものばかり。喜美子は幼い頃、照子としたファーストキスを思い出す。荒木荘でも医学生の圭介(溝端淳平)に恋の予感。喜美子は食欲のない圭介を心配して声をかけると「胸がうずくねん」と言われ、意中の相手は先日、道ですれ違った名も知らぬ女性だと打ち明けられる。喜美子は圭介の恋に協力を申し出るが、実は…

 


 
お父さんが大阪からやって来るので喜美子はお金をどうしたら良いのか悩んでいて、仕事が手に付かず、それを見た大久保さんに怒られてしまい、大久保さんも喜美子に何かあったんじゃないかと思ったが喜美子が話さないので大久保さんもなにも聞かず仕事をやらせているとお父さんが荒木荘にやって来て、うろちょろしているところを大久保さんが見かけ話しかけ連れてきて、喜美子は戸惑いながら大久保さんに父を紹介しながら、大久保さんがこれまでの喜美子の働きっぷりを話してくれ、その話を聞いて、喜美子の事を少なからず認めてくれていることが嬉しかったです。喜美子に厳しくしていたのも一人で何でもやらなければならなくなるので、自分がいなくなった後に困らないようにと言う気遣いからだったのかと思うと本当はすごくいい人なんだなと思いました。喜美子のお給料も心配してくれて、貰えるお給料が少ないので喜美子に内職のお仕事をさせお金を増やす方法を教えたり何から何まで喜美子に教えてくれるところが素敵だなと思いました。お父さんが荒木荘に来たのもお金に困っているとしったから、これまでのストッキングのお金をすぐに払おうとお金を差し出してくれ、喜美子も父も安心して良かったなと思いました。家族のためにバリバリ働く喜美子を見ると可愛そうだなと思うけれど、この時代は生きるためにみんな必死で働いていて、自分達の生活を成り立たせていたのかと思うとみんな働き者だなと思います。休みなく働く喜美子の姿を見ると大変だろうなと思うけれど、めげずに頑張っている姿を見るだけでこちらも頑張ろうと思えるし、喜美子の事を応援したくなります。喜美子は大久保さんみたいにきちんと仕事を教えてくれる人の下で働くことが出来ていろんな事が学べて良いなと思います。一から仕事を教えてくれる人ばかりじゃないから、人に恵まれていると思うし、今経験したことは必ずこれから先も通用していくものになっていくと思うし、喜美子の強みになると思うので、喜美子が大久保さんから学べるものは何でも吸収していくのかなと思うと羨ましいです。大久保さんよ少しずつ喜美子の事を認めてくれているので、喜美子も仕事にやりがいを感じると思うし、喜美子なら大久保さんに認められるくらいの素晴らしい仕事っぷりを見せてくれると思うので喜美子のこれからの成長が楽しみです。お父さんも喜美子の存在があるからこうやって助けて貰えるし、喜美子がこんな風に素直に成長しているところも見習いたいなと思いました。

スカーレット 動画24話10月26日出演者

 

戸田恵梨香,大島優子,林遣都,溝端淳平,佐津川愛美,木本武宏,羽野晶紀,川島夕空,横溝菜帆,中條誠子

家にあるすべてのお金を泥棒に盗られてしまい、喜美子のもとへお給料を前借りに来たものの、どうやって切り出していいか分からない常治。
やはり、言い出しにくいですよね。
この間、お給料をもらったばかりなんですから。
それに社長の荒木さだは東京に行って居ないので、姿が見えないために常治は誰に言って良いのかさえ、分からない。
それを察した喜美子が、社長が東京に行って居ない間は、大久保が荒木荘のすべてを取り仕切っていると常治に向けて話をするところ、ナイスアシスト!という感じでしたね!
でも本当はそんなことしたくなかったと思いますが、、。
また家族のためと思い、自分の気持ちは押し込めたのかなぁと思いました。
前借りを父親にされるなんて恥ずかしいけれど、家族のためには仕方のないことと思い、常治が言い出しやすいように「父がなんか話したいことがあるようなんです。」と言って話を繋げようとするところ、本当に喜美子は家族思いだなぁと感じました。
うーん、私には出来ないかなぁと思いました。
常治と喜美子の様子から、きっと大久保は父親が前借りしに来たことを気づいていたんじゃないのかなぁと思いました。
だから本当は封筒に入れて渡して上げたかったストッキングの内職の代金を、その場で渡したのでしょう。
今すぐ、お金が必要なんだろうと感じたからですよね。
内職の代金をもらえて、喜美子も常治もとてもホッとしただろうと思いました。
大久保が喜美子のお給料が少ないことを気にして、内職で稼がせてあげてなかったら大変なことになっていましたね。
本当にタイミングが良かったなぁと思います。
常治を見送ってくると言って、二人で荒木荘から出て無言なまま歩き続けるところ、ちょっと笑ってしまいました。
二人ともお金が手に入ったことを手放しで喜びたいのに、我慢しているのが見え見えでしたね!
たまらず喜美子が「一足」と言うと、常治もたまらず「12円って!」と一気に会話し始めて面白かったです。
「お金、全部持っていって良いよ」という喜美子に「そんなんあかん。」と常治が言っているところを見て、ちょっと遠慮はしてるんやなぁと感じました。
しかし、泥棒に入られるというとんだハプニングだったわけですが、それをキッカケに喜美子に会う理由が出来て、常治としては嬉しかったかもしれないなぁと思いました。
「三年は信楽に帰らない。」という喜美子に、「盆と正月も帰ってこやんでええわ。」と言いながらも少し寂しそうな常治を見て、本当に素直じゃないなぁと思いました。

スカーレット/24話動画10月26日までのネタバレ/感想について

悩みのたねの雄太郎さん

喜美子(戸田恵梨香)が荒木壮に来て、2年半という月日が流れていて…一人で仕事を任されてサクサク働く喜美子が。
でもなんと雄太郎さん(木本武宏)が家賃を滞納してるから、それを徴収出来てない喜美子はまだ大久保さん(三林京子)にしたら1人前と認めてもらえないって?
大久保さん、時々今も孫つれてのぞきに来るそうだし、また大久保さんが観られそうで嬉しいですよ。
しかし雄太郎さん腹立ちますね。半年滞納しといて、逃げ回って、あんま悪びれる様子なくて。喜美子が、内職のお金がどれだけ雄太郎さんの家賃に消えていったかと嘆いてたのにはちょっと引きましたね。仕送りのために働かなくちゃならない喜美子に、そんなことまでさせておいて、日雇いの仕事もしないで映画観に行くとか。もはや笑えないレベル。
「映画俳優に日雇いて」ってセリフはゾッとしました。
人に(それもお金に苦労してる娘)自分のお金を負担させておいて、映画俳優の夢というプライドだけは1人前。
それなのに雄太郎さんに笑わされちゃってる喜美子ったらなんて可愛い。あれ、これ素?ってくらい笑いそうになってる喜美子につられて楽しい気持ちに。
でも現実問題、笑えないって!雄太郎さん、前にお姉さんが怖いっていってたし、お姉さんが来てビシッと言ってくれないかな。なんか面白そう。

スカーレット/動画/24話視聴者の評判

昭和30年になり、もうすぐ18歳になる喜美子(戸田恵梨香)。部屋には絵が飾ってあって、喜美子と直子ともう一人が描かれた絵。つまり百合子の絵ですね。大きくなったのでしょうね。あの年齢だと2年半あったらずいぶん変わりますもんね。なんとなく百合子は直子と違ってスクスク素直な良い子に育っていそうですよね。喜美子のような。別れた時が小さかったから、絵を描くのも記憶を頼りに一生懸命思いだしながら描いたのかもしれませんね。そして拾った信楽焼のあの欠片は今では喜美子のお守りに。
喜美子は相変わらず元気いっぱいでしたね。雄太郎さん(木本武宏)を追いかけてドタバタと。でも雄太郎さんのお金へのだらしなさは酷いものですね。喜美子に同情せずにはいられません。そして内職は1人前になってからも続けていたんですね。しかもそのお金が雄太郎さんの家賃にあててきたというのが辛いです。喜美子の心の広さは本当にすごいですよね。この家賃問題、一体どう解決するのでしょう。
さらに圭介さん(溝端淳平)をときめかせる出会いがありました。これも喜美子には大きな事件になりそうですね。
そして喜美子には、お金をためて学校に行くという目標もできていたんですね。でも雄太郎さんのせいでそれも遠い話になってしまいそうですが。
喜美子がここを出るとしたら変わりの女中さんが必要になる気がします。そこらへんも後々どうなっていくのか気になりますね。

まとめ

デイリー大阪でスカウトされた喜美子がお試しにと働く事になりましたが、そんな喜美子に働いてみた様子や気持ちを尋ねたちや子に、働きやすくて上司の平田も優しくてジックリ考えてみた、という内容を見て、新聞社は忙しそうで大変そうに見えて、喜美子がココで働いていけるのかと心配して見ていました。喜美子が、荒木荘の住人の事が好きで、お金も好きで、自分の知らない新しい事も知られるから新聞社で働く雑用の仕事も好きだと話しながらも、嫌いなコトを考えてみたと逆転の発想で、途中で放り出す事が嫌い、と話したシーンを見て、これまで家事の手伝いや妹達の世話や、家の風呂炊きをマスターしてきた喜美子らしい言葉だなァと感じました。平田から聞いた、ブンヤの誇り、という言葉から喜美子が父親の常治に昔話した、女にも意地や誇りがあるんじゃー!、の個人的に印象深った回想シーンがまた見られたのも、グッと胸が熱くなったシーンでした。いけずをする大久保に認めて貰えるまで荒木荘の女中を辞めないと決めた喜美子でしたが、今回のエピソードはココ以外にも自分の出来る事があると気づいた喜美子の重要なターニングポイント的なエピソードだったんだなと感じられ、やがてそれが女性陶芸家に進むという、やりたい道、を見つける事にも繋がっていく見逃せない回でもあったなと思いました。荒木荘で喜美子に親切にしてくれている住人の医大生の酒田圭介が、六歳下の妹がいたが、終戦直後に病気で亡くなった事が分かり、圭介には喜美子が亡くなった妹みたいに感じられ、親切にしてくれていたのかなと思いました。荒木荘の住人達の抱えた部分がまた一つ分かりましたが、そんな圭介の事も踏まえて、喜美子とどんな風に圭介が関わる事になるのかも気になりました。実家の川原家で空き巣の被害が出て、大騒ぎとなりましたが、泥棒の正体が雇っていた保と博之ではないかと忠信が話す中でも、返しに来るかもと庇う常治を見て、喜美子の父親の常治という人物は、戦争で動けない忠信を背負って助けたり、大阪で記憶を無くした草間宗一郎を放って置けないと信楽まで連れて来たり、今回の泥棒の犯人かもしれない保と博之も、生活が苦しい中で二人共雇うという損得で動かない男気の溢れた人物だなと感じていて、個人的に、これぞ昭和の男!、と思い好感を持って見ていました。そんな常治が飼い犬に手をかまれる様な仕打ちをされながらも、どんな風にピンチを脱するのかも楽しみに感じていますちや子が勤める新聞社から引き抜きをうけ、お給料の高さなどに憧れる喜美子は、久しぶりのいい笑顔でとても心が和みました!
そりゃ、大久保からいくらストッキングのほころび直しが雑なのがあったから直しなさい!と言われても、笑顔で返せますよね。
しかし三時間のお試しとして新聞社で働かせて貰ったことで、ちや子の仕事にかける想いや雄太郎の俳優になるという想い、そして酒田は医者になるという夢に気がつき、自分には何があるのだろう?と考えさせられたようですね。
引き抜きの話を聞いたときの嬉しさは残っているものの、自分の人生について初めて向き合ったようでした。
ちや子から引き抜きの話を聞いたときも、先ず出た言葉が「お父ちゃんに相談せな!」でしたからね。
何だか今まで本当に家族がどうしたいか?だけで自分の人生を決めていたようで可哀想に思いました。
いつも誰かの犠牲のうえに喜美子の人生が成り立っていたようですね。
三時間働いてみたり、雄太郎さんの「僕はお金よりも夢を選ぶ」という言葉を聞いたりで、忙しく心中を探っていった結果の出た答えが、とても喜美子らしかったですね!
「うち、大久保さんとの勝負ついてません。途中で投げ出すのは嫌です。荒木荘のことを目をつむっていても出来るくらいになります。」とちや子に言って、ちゃんと大久保との勝負がつくまでは荒木荘を辞めないと決断するところ、とても良かったです!
女中(見習い)としての「誇り」を見せたんですね!
「女にも意地も誇りもあるんじゃーい!」と常治に向けて言った信楽での台詞が、ここに繋がってくるとは思いませんでした!
伏線を回収したようで、面白かったです。
喜美子が荒木荘を辞めないということを聞いて、「ホッとしたよ。」と呟いた酒田の言葉には、何だか喜美子に好意を寄せているような気がしました。
まぁ、初めからやけに「かわいいひとやなぁー。」と何度も喜美子に対して言ってましたし、新聞社に働くことになるかも?荒木荘を出ていくことになるかも?となっているときも、やけに止めていましたよね。
今後、喜美子への酒田の想いがもっと綴られていくと面白いのになぁと感じています。
信楽では全くといっていいほどに、喜美子の恋愛話はなかったので。(テル子の兄の話が出ていたくらいでしたね。)
年齢的にも、その辺りの話が出てきてもおかしくないなぁと思っています。
ただ喜美子は恋に関してはかなり鈍感そうなので、酒田の苦労が今から想像できますね
スカーレット 動画10月26日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、でみれないときは

下記に

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット動画 10月26日