ドラマ

スカーレット 26話 動画 10月29日pandora/再放送フル無料視聴/火曜日/ Youtube/ /見逃し配信

スカーレット 26話動画 10月29日pandora/再放送フル無料視聴/火曜日/ Youtube/ /見逃し配信

 

スカーレット 動画 10月29日無料視聴まとめについては、下記記事になります

(全話無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット動画26話 10月29日
 

スカーレット/26話10月29日/動画/ /あらすじ

圭介(溝端淳平)の恋するあき子(佐津川愛美)が荒木荘を訪ねてくる。舞い上がる圭介。だが喜美子(戸田恵梨香)の気持ちは沈んでいく。圭介があき子に誘われ出かけると…

番組内容
喜美子(戸田恵梨香)の直談判の結果、圭介(溝端淳平)が恋するあき子(佐津川愛美)が荒木荘を訪ねてくる。突然の再会に舞い上がる圭介。だが喜美子の気持ちは沈むばかり。圭介はあき子に誘われるがまま外食に出かけて、喜美子は二人を見送る。その夜、ほろ酔いで帰宅した圭介を出迎える喜美子。「喜美ちゃんのおかげや」と感謝されるも、やはり素直に喜べない。喜美子は住人のちや子(水野美紀)から「それが恋や」と指摘され…


 

 

スカーレット 動画26話10月29日出演者

 

出演
戸田恵梨香,水野美紀,溝端淳平,木本武宏,羽野晶紀,佐津川愛美,

語り
中條誠子

 
家政婦の大久保さんです。もう最高でした。

もっと長く荒木荘に居てほしかったですが、それでは貴美子のお給金が低いままなので、仕方ないですね。

割烹着を着た大久保さんの威厳は、怖いと同時に懐かしかったです。

昭和の女性は、あんな感じの頼もしさがありました。

洗濯物を干し終えて、物干し台で一休みする貴美子を下からじっと見ている姿も怖かったです。顔で「ぼんやりする暇はないよ」と言っていました。

ストッキング修繕の内職を持って来た時も、貴美子への頑張らせ方が迫力があって良かったです。

「ちゃっちゃとやり!」と睨んだり、机のそばのガラスを外からコンコン叩いたり。

この内職はきっと貴美子のお給金にプラスするためだろうと、こちらは見ていて分かりました。

が、15才の女の子にとってはただの憎らしいおばさんなので、部屋で柔道技が出るのも無理はないなと思っていました。結局、このお金が貴美子の家のピンチを救うことになって良かったです。

新聞社からの誘いがあった時も、貴美子は荒木荘を辞めなくて正解だったと思います。

大久保さんにしっかりと家事一切を教わることは、一時的なお金よりも将来に渡って価値があると思います。

大久保さんがいつも貴美子に、まな板を縦に立てるように言っていました。

私もまな板は横に置いていたので、大久保さんの言う通りに縦に置くようにしたら、すっきり乾いて気持ちよくなりました。

スカーレット動画/26話10月29日までのネタバレ/感想について

 
火曜日からは、医師を目指している圭介さんの恋の行方が気になっています。

貴美子を妹のように可愛がってくれている圭介さん。

荒木荘の前を、怖い犬を連れて通る女性にひとめぼれしてしまいました。

貴美子がその女性との間を取り持つことになっていましたが、まずはどんな風に女性に話しかけるんでしょうか?「可愛いワンちゃんですね」だったら、もう爆笑ですね。

怖い顔の犬だと言っていたはずですから。

でも、この圭介さんの気持ちは、貴美子にとって複雑なものだと思います。はじめて荒木荘に来た日に、圭介さんは貴美子の部屋の木戸を閉めようと頑張っていました。

そして、同部屋で暮らすと勘違いした貴美子を「、圭介さんは可愛らしな」とほほ笑んでいました。。

貴美子が新聞社に行きそうになった時も、「喜美ちゃんがいてくれてよかった」と言っていました。

そして、あの荒木荘の中では圭介さんが唯一普通の男性です。

自身は家政婦の立場であっても、特別な感情を抱いても仕方ないと思います。

もし、そういう気持ちを圭介さんに持っているとしたらどうするのか?ここも気になります。犬の女性との仲を取り持った後で「好きです」というのも、なかなか難しいですよね。なぜなら、女にも意地があるんじゃ~ですから。

そして、絵の勉強の話も気になります。

絵を描くことは、陶芸家への道にも繋がっていくと思うので。

火曜日からは、貴美子の恋心と将来への一歩が見どころです。

スカーレット/動画/26話視聴者の評判

 
喜美子が荒木荘での仕事を大久保さんにしっかり学んでいた今週もすごく楽しかったです。

やっぱり明るく一生懸命丁寧に仕事をしている喜美子の姿は見ていて朝から清々しい気分になり気持ちが明るくなります。

そして荒木壮の住人のみんなのキャラクターがひとりひとり秀逸です。

今週で目立っていたのはやはりちや子さんでした。

喜美子の姉のように親身に話を聞いてくれて心配してくれて、「働く」ということに対しての見本を見せてくれているようでした。

新聞社で働く喜美子も少し見れて、きっと荒木荘は辞めないだろうなと思っていましたが予想以上にちや子さんの働きっぷりがすごくて面白いシーンでした。

まさしく鉄砲玉。事件と聞いて飛び出してくちや子さんが本当に素敵で、水野美紀さんはコメディエンヌだなと感心しました。

そして来週からは圭介さんにスポットが当たるようです。

喜美子が荒木荘にやってきたときから妹のようにかわいがってくれていた圭介さんの恋を喜美子が応援する立場になるストーリーです。

これまでを見てみても二人は仲良しの兄妹というよりは、下宿人さんと使用人の距離感はしっかり保ったまま穏やかな距離で仲を深めてきたように感じられます。

そのちょっとした距離感こそ、実は喜美子は圭介さんのことが気づかないうちに好きになっていると深読みしてしまうのは私だけなのでしょうか。

草間さんにふんわり憧れを抱き、本当の恋を知らないままに15歳で働き始めた喜美子。

初めて家を出て一人で働いて、その間そっと見守っていてくれた圭介さんに恋をしてもおかしくないと思います。

兄と慕っていた圭介さんが恋をしたのは犬を散歩していた上品そうな女性でした。

まだ話もしていないのに一目ぼれしてしまった圭介さんは勉強しかしてこなかったピュアな大学生なのだと思います。どうか恋のお相手の女性はいい人であれ!と願うばかりです。悪い女にだまされて傷つく圭介さんは見たくないなと思ってしまいます。

そして来週の回で気になるのが予告に草間さんが少し登場していたことです。

草間さんは喜美子にとって特別な大人の人です。

草間さんと再会するたびに喜美子はいつも新しい何かと出会ってきました。

今回もふわりと現れて喜美子にとって何かきっかけになるような言葉を残していくのではないかと思います。

さらに大久保さんも引継ぎの最後の瞬間は描かれずすっとドラマから去ってしまって寂しく思っていたので再登場するようでとても嬉しいです。

大阪での喜美子の母というくらい厳しさと優しさを持ったキャラクターが本当に素敵です。また喜美子とやりあう大久保さんが見たいです。

まとめ

家主の荒木さだの、下着のファッションショーをちや子と見た帰りに立ち寄った、歌える喫茶さえずり、で田中雄太郎やちや子に相談に乗ってもらい、デイリー大阪の新聞社で雑用係として、お試しにと働く事を決めた喜美子を見て、庵堂ちや子、という女性が親身に喜美子の事を心配してくれて、5000円貰えると聞き、よく考えずに仕事をしたいと決めようとする喜美子に色々とアドバイスしているのは、彼女の優しい性格からだとは思いましたが、それは喜美子が初めて貰った1000円のお給料から、仕事で疲れた顔をしているちや子に口紅を買ってあげたかったという喜美子からの思いやりを知ったからだろうなと感じました。

人に優しく接していれば相手も優しさで返してくれる、そんな親切の交換を見られて非常に心が絆される様な心境になりました。見返りを期待しての優しさを喜美子がしている訳では無いので、押し付けがましい感じもしないと喜美子の周りの人達も感じているのだろうとも感じました。

デイリー大阪で数時間働く、お試しを始めた喜美子が、男勝りな新聞記者として働くちや子の武勇伝を平田から聞いていましたが、ちや子が仕事が好きで疎かにせずに最後まで責任を持ってやり遂げてきた、ブンヤの誇り、というモノを持って働いている内容は、ちや子の新聞記者としての人生に命を懸けている姿や気合いみたいなモノも感じられて、凄まじい突進力を持っている力強い女性だなァと感じました。

気になっていた平田に預けた信楽焼の欠片の鑑定結果が、価値は分からないが室町時代に作られたモノ、だった事が分かり、これがやがて喜美子にとって大きな影響を与えるアイテムとなるのかも?と予想され、先が楽しみに感じました。

歌える喫茶さえずり、で上機嫌な雄太郎からアイスクリームをご馳走になった喜美子でしたが、謎な一面があった雄太郎が映画の面接で、監督の前で大きな声で歌い度胸があると、大阪ここにあり、という作品に出演する事になった内容を見て、与えられた台詞からどうやら大部屋俳優らしい事も分かり、雄太郎がこれから有名俳優になっていくのかも気になる所だなァと思いました。

雄太郎が、今はお金より夢、と話していた事を笑顔で聞いていた喜美子が、この時どんな感想を心で思っていたのかが気になりました。

よく考えれば喜美子が将来の夢を語るシーンが無かったので、彼女にはどんな夢があるのか?無いとしたら、これからどんな過程を経て、女性陶芸家の夢を見つけていくのかも楽しみになりました。

視聴者感想これまで

初めはむっつりと厳しい表情だった大久保さんも、徐々にいろいろな表情を見せてくれるようになったと思います。特に今回は、実家のお金が盗られたというピンチに、ストッキングの内職のお給料を手渡してくれた大久保さん。

何となく大仏さんのような風貌を感じさせる大久保さんでしたが、本当に仏さまに見えてしまいました。

お給金の少ない喜美子を思いやる気持ちや、喜美子の父親に「若いけど頑張っている」「いいお嬢さんですな」と褒めてくれたところなど、普段不愛想なだけにお世辞ではなく本心からの言葉であると思えてジーンときました。

厳しく容赦ない大久保さんですが、喜美子を一人前に育てることは、荒木荘だけでなく喜美子自身にとっても最善の道と信じ、プライドを持って女中仕事をしているという姿が神々しく感じられます。

父親の手土産のカブを水洗いしながら、楽しそうに柔道技をかけあう真似をしていた喜美子と大久保さん。

「夏には引退する」「娘のところに引っ越す」という大久保さんなので、「スカーレット」に登場するのはあと僅かであるとは思いますが、もうしばらく喜美子とのやり取りを見せてほしいと思いました。

また、今回は喜美子の父親とのやり取りも良かったです。

実家のお金が盗られてしまって喜美子に給料の前借りをしに来た父ですが、それを素直に言えなくて喜美子と顔を使ってコミュニケーションを取っていたのが楽しかったです。

言葉ではなく表情だけで意思疎通ができるところに、父と娘の絆を感じます。

また、父を送る帰りに、ストッキングのお給金を喜び合う二人。

夜な夜な内職して手に入れたお金を「全部持っていってもええで」と渡そうとする喜美子に、「半分でええ」という父親。

お金の大切さを嫌というほど分かっている二人なのに、喜美子は家族のため、父親は喜美子のためにお金を残そうとするところに、「いい親子だなあ」としみじみと思いました。

さらに、今回は北村一輝さんの演技に、「本当は喜美子のことが大好きなのに、素直に表現できない父親の姿」がよく表れていて良かったです。

喜美子からストッキングの内職のお給料を受け取り、「じゃあな」といったん別れたあと喜美子に「おとうちゃん」と呼ばれ、嬉しそうに駆けよっていく姿が可愛らしく思いました。

そして「三年は帰らへん」と宣言した喜美子の後ろ姿を、切なそうに見送るシーン。初めは「お酒と金にだらしのない父親」というイメージが強かったものの、徐々に「愛情が深くてお人よしのお父さん」という役柄がしみこんでいてとても印象的な父親だと思いました。

スカーレット 動画26話10月29日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、でみれないときは

下記に

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット動画 10月29日